◆上場支援サービスについての情報が満載

監査法人による上場支援サービス

監査法人による上場支援サービス 上場を目指す企業にとって、まず求められるのが上場審査基準をクリアできる体制を構築すること。
そのためには売り上げ目標をクリアするだけでなく、公器として恥ずかしくない組織体制・経営の透明性が重要になります。
企業単独でそうした課題を乗り越えるのが理想ですが、専門知識も必要であり時間もかかることから支援企業を利用するのが一般的となっています。
監査法人はその代表的な一つです。
その役割は、上場を目指す企業の会計監査を担うことにあります。
具体的には財務諸表が上場審査基準を満たす正しい内容かをチェックすることです。
併せて、コンプライアンスを意識した社内管理体制が整備されているかを指導・助言することもその役割となっています。
昨今は上場審査が厳格化され、その役割はますます重要になっています。
上場支援サービスを行う企業には他にも業務管理システムや基幹業務システムを提供する会社などがありますが、監査法人はそうした企業との横のつながりも強く上場支援において不可欠な存在といえるでしょう。

上場支援サービスの具体的なサポート内容とは

上場支援サービスの具体的なサポート内容とは 会社を株式上場するには、いくつかのステップをクリアする必要があります。
そしてその各ステップを進めるサポートしてくれるのが、「上場支援サービス」です。
具体的なその内容は、株式上場を決めた地点で監査法人による短期調査を受けることで、現状の自社に足りない点や改善が必要なことの洗い出しを行い、の戦略的なスケジュールを策定する「ショートレビュー」が第一段階としてあげられます。
また、株式上場にあたっては各種規定の作成や内部統制、経営管理体制の整備など数年にわたる準備作業が必要です。
その際にその道のプロがサポートする「上場支援アドバイザリー業務」がその次の代表的なサービスです。
さらに、株式上場申請にあたっては直前2期分の財務諸表に監査報告書の添付が必須です。
そのため、株式上場を目指す場合できるだけ早く公認会計士による監査を受けるのがおすすめです。
この「監査」も上場支援の一環として依頼することが可能です。

新着情報

◎2020/9/28

サポートの内容
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

銀行による上場支援サービス
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「支援 具体」
に関連するツイート
Twitter