◆上場支援サービスについての情報が満載

証券会社による上場支援サービス

証券会社による上場支援サービス 企業にとって大きなプロジェクトとなる株式上場をしようとする時、証券会社の存在は必要不可欠です。
その中心となって重要な役割を担うのが主幹事あるいは幹事です。
上場支援サービスはまず、上場の達成に向けた準備段階として社内体制へのアドバイスやスケジュールの立案、関係機関との調整などから始まります。
加えて、上場に当たっての手続きのサポートや引き受け審査、証券取引所への推薦、売り出しの準備などの専門的な業務全般が対象となります。
主幹事が一社でこうした上場支援サービスを提供することが一般的ですが、大きな事案の場合には複数の幹事を立てて実施するケースも多く見られます。
心強い存在となって、上場をスムーズかつスピーディに進めていくためにアドバイスをしたり、生じる課題の解決に向けたサポートも行います。
経営者と担当者との相性も当然あり、得意とする分野なども証券会社によって異なるため、事前に数社と打ち合わせを行うなど、より良い関係が築けるような準備をすることも重要です。

株式上場を目指す企業のための上場支援サービス

株式上場を目指す企業のための上場支援サービス 株式上場とは自分の会社を株という商品に形を変え、株式市場で自由に売買可能な状態にすることを言います。
株式を発行し、株式が売れた分だけ資金を調達することができます。
上場すると知名度が向上し、広告宣伝効果が期待できますし、取引先や銀行からの信頼も増し、金利などの条件面も有利になるなど、ビジネスをするうえでもやりやすくなります。
上場するには上場審査に通る必要があるのですが、会計監査開始に向けた準備を行い、会社の内部管理体制の構築や会計方針の見直し、上場申請書類の作成などの作業が審査前に必要となります。
企業の上場の際には資金調達、監査、コンプライアンス、財務、人事労務など様々な要素が関係するのですが、何をいつまでにやらないといけないのかというのが分からない状態だと何から手を付けたらいいのかわかりません。
そのような企業の上場支援のためのサービスがあります。
上場支援サービスの中には税金の申告漏れや会計ミス、正確な税務申告書の作成、決算体制の構築を税理士にサポートしてもらうものもありますし、主幹事証券会社、監査法人、印刷会社、専門家を紹介する経営管理支援を行っている企業もあります。

新着情報

◎2020/9/28

サポートの内容
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

銀行による上場支援サービス
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「支援 企業」
に関連するツイート
Twitter